JDUとは
Japan Digital University
ウズベキスタンにいながら日本の大学を卒業でき、
同時に国立ウズベキスタン世界言語大学を卒業(ダブルディグリ)でき、
卒業時には日本の優良企業への就職斡旋も実施する、ウズベキスタンの法律※に基づく正式な大学です。

※​大統領令第4553号

ビジョン

タシュケントに設置したJDUキャンパス(ウズベキスタン世界言語大学キャンパス内)にて、日本の正規大学に通学できる大学です。
JDUキャンパスは、日本とオンラインで接続されており、日本の大学の授業に参加します。
また、JDUキャンパス内の教室では、ファシリテーターの指導の元で、学生間でディスカッションしたり発表したりするアウトプットトレーニングで実践的なスキルを身に着けます。
そのほか、日本語の習得、ITエンジニア資格の取得・日本就業素養など、日本の就業に役立つ高度な人材力を身に着けます。
さらに、卒業前のJDUによる就職斡旋によって日本の優良企業への就職を決め、卒業後に日本へ渡航して、高給で最先端の職場でITエンジニアとして働けます。
そして、ノウハウと人脈を得てウズベキスタンに帰国し、ウズベキスタンの発展に寄与できるビジネス人材となることを目指します。

育成する人物像 <グローバルIT・エリート人材>

日本の優良企業へ就職し、周りの日本人同僚の信頼を集めつつ、ITエンジニアとして活躍できる人物

<持つべき素養>

与えられた仕事の意味を理解し、こうしたいという意思をもって活動する能力
相手の意見を聞き、誠実な対応、相手を尊重できる姿勢
時間に正確で、期限や約束の時間を守ることができる時間感覚
目的に向かい、中長期的なスケジュールを立て自ら行動することができる能力

JDUの特徴

1
ITエンジニアとして日本で活躍できるカリキュラム
日本の優良企業で活躍する高度人材を育成するために、大学卒業資格に加えて、日本就業の素養、ITエンジニアスキル、ビジネスの実践力を育成します。
本校は、この教育目的を実現するためのカリキュラムを複数の専門的な学校を組み合わせて提供する「メタスクール」の形態をとる大学です。このカリキュラムの中には、日本の文部科学省が認定した正規4年制大学の卒業資格(学士)及び、民間エンジニア資格、就業素養の醸成などを学習でき、日本への就職斡旋活動も含まれます。
2
先進的な学び方
実践的なビジネスマンとしての力をつけるため、知識をインプットすることだけではなく、能力を発展・活用させるアウトプットトレーニングを重視します。インプットはe-learningによって個人の理解度に合わせて学習し、キャンパスをアウトプットの場として活用し、アクティブな学びの場を提供します。
3
実践学習によって学費を支払うことが可能
学費支払い・返済支援制度(※詳細は「学費・支援制度」参照)により、一部の学費を卒業・就職後の収入からの配当で支払うことが可能です。そのため在学中に支払う学費はウズベキスタンの国立大学程度となります。また、2年生から遠隔で日本の仕事を受ける実践コワーク演習によって収入が得られます。この費用を学費に充て、在学中に学費を払い終えることを目指すことが可能です。
フィードバックフォーム
名前:
姓名:
E-mail:
電話番号:
JDUについてどこで聞きましたか?
質問:
(「送信」ボタンを押して頂いた上で、Japan Digital Universityからの連絡を受信の同意していただきますので、ご了承ください。)
Made on
Tilda