受験生の方

入学試験

JDUの入学試験は、Web上にて1ヶ月間かけて実施します。
卒業後にITエンジニアとして日本就業を目指す為、重視するのは、数学能力と、日本語学習の成長力です。
日本語については、入学試験期間に日本語の初級スクールにオンラインで通い、日本語を実際に習得する事で、その適性を測定します。
ですので、今は日本語が全く解らない方でも、もちろん大丈夫です。
※受験するためにパソコンとインターネット環境もしくはスマートフォンが必要です。

2020年9月生募集定員:150名
募集学科:ITエンジニア学科
修業年限および在学期間:最低4.5年
出願方法:「入学試験申込」ボタンより必要情報を入力・提出資料をアップロードにより出願
選考方法:オンライン選考

入学資格:
下の全ての条件を満たしていること
 ①11年制のmaktab 、リッチェ、カレッジを卒業している方
 ②日本への就職を希望する方
 ③日本語をこれから学ぶ方
 ④ITエンジニアを志す方
 ⑤インターネット環境、及びパソコンで学習できる環境がある方
*ネットワークにかかる費用はご自身で負担いただきます
 ⑥受験時年齢 満17歳-21歳以下

入学試験の流れ
1
JDU学則の確認
JDU学則
2
受講ガイド(PDF)の確認
2020年度 JDU入学試験受講ガイドPDF
3
受講環境/Trialサイトの確認
同ページ内「受講環境/Trialサイトの確認」より、Trialサイトの動画・テスト等が視聴・受講できるかを確認してください。
4
申し込み、選考料納入 *2021年1月4日(月)まで
※支払方法は、PayMeが可能です。
選考料納入後に、選考サイトのID/PASSが送付されます。
※試験用ID/PASSは入金確認後4日以内に発行いたします。
5
試験STEP1(e-learning) *1月5日~1月9日予定

講座名

-志望理由書

-日本語ビギナーコース

-日本語ZOOM授業

-数学試験(1日のみ)

6
教育ローン審査申し込み(任意)*提出締切:1月12日
※提携銀行より、教育ローンのお申込みを希望する方は、
e-learning内で情報を案内します。
7
試験STEP2(e-learning)*1月12日~1月18日予定
講座名
-日本語N5コース
-日本語模擬試験
-小論文
-漢字コース
8
合格発表
入学試験の日程(第1期生
※予定
1
申込期間: 2020年12月10日~2021年1月4日(月)
申込み、選考料納入時点から随時、入学試験(学習)活動が開始されます。
2
入学試験期間:2021年1月5日(火)~1月18日(月)
2週間を通して入学試験を実施します。
3
合格発表: 1月21日(木)
入学試験期間の学習履歴を分析し、合格者を選定、発表します。
4
入学手続(予定):2021年1月27日(水)~29日(金)
学費納入を含めた入学手続きを完了させます。
入学試験申し込みに必要な情報・提出物
以下の情報をご準備のうえ、入学試験申し込みをしてください。

・名前(英語ローマ字表記)

・住所

・電話番号

・e-mailアドレス 

・生年月日

・年齢

・最終学歴の情報(学校名)

・卒業年


◆提出物

・パスポート画像(写真あるページのみ)

・最終学歴の卒業証明書画像(MACTAB,LISEY,COLLEGE)

受験環境/Trialサイト
■受験環境
【環境】
 周りに人がいない、一人で試験を受けられる環境

【端末】 パソコンもしくはスマートフォン
 *パソコンを持っている方はパソコンより受験されることをお勧めします。
 *パソコン推奨環境(CPU:2GHz以上 メモリ:4GB以上)

【OS 】
Windows 10以降およびその最新版
macOS 10.11以降およびその最新版

【ブラウザ】
(Windows) Google Chrome, Mozilla Firefox, Microsoft Edge の最新版
(macOS) Google Chrome, Mozilla Firefox, Safarionih

【ネットワーク】
下り速度1Mbps程度のインターネット回線、自宅のインターネット回線など、安定した接続環境

【ソフトウェア】
PDFが閲覧可能なソフトウェア

【WEBカメラ(内蔵カメラ】※端末本体にフロントカメラを有していること
1280x960(120万画素)程度のWEBカメラを有していること




■Trialサイト
受験申し込み前に、受験に試用されるPCもしくはスマートフォンでe-learning受講ができるかどうかお試しください。下記ご確認事項を確認されたうえで、入学試験申し込みをしてください。

<お試し方法>
 下記URLへアクセスし、ID・PASSを使いください。
 *ID・PASSは受験環境の確認専用です。受験用のIDについては、入学試験申し込み・入学試験料納入後に通知されます。
 
 受験用e-learningサイト:http://deli3.study.jp/rpv/?multi


 ID: JDU-sample001
 PASS: jdu-sample001

<ご確認いただきたい内容>
 ・動画が視聴できるか
 ・テストが回答できるか
 ・アンケートが回答できるか
 ・レポートの記入と提出ができるか

入学試験科目
2020年度 JDU入学試験受講ガイドPDF」をご確認のうえ、入学試験申し込みをしてください。
2020年度 JDU入学試験受講ガイドPDF
※STEP1のあとに合格判定はなく、そのままSTEP2へ進めることができます。
学費・支援制度

1年の学費は(教育ローンや支払支援制度を使った場合)ー

15,280,000.00スムです。

入学日も含まれていますため、初年度学費は25,360,000.00スムです。


JDU学費の全体像

JDUにおける4年半の学士課程教育プログラムの学費総額は264,200,000.00スムです。在学中に支払う学費を、国立大学並みに抑えるために、JDUが支払支援制度を用意しています。

学費総額は、①ウズベキスタン学費、及び②日本就職支援学費の合計でして、のその後者が支援制度の対象です。詳細を下記で御覧ください。


①ウズベキスタン学費:(現金での支払い対象) 合計 61,500,000.00スム(毎年改定される)

◼支払い時期と金額

入学時第1セメスター(入学時) 16,700,000.00スム

第2セメスター(入学6ヶ月目) 5,600,000.00スム(毎年改定される)

第3セメスター(入学12ヶ月目) 5,600,000.00スム(毎年改定される)

第4セメスター(入学18ヶ月目) 5,600,000.00スム(毎年改定される)

第5セメスター(入学24ヶ月目) 5,600,000.00スム(毎年改定される)

第6セメスター(入学30ヶ月目) 5,600,000.00スム(毎年改定される)

第7セメスター(入学36ヶ月目) 5,600,000.00スム(毎年改定される)

第8セメスター(入学42ヶ月目) 5,600,000.00スム(毎年改定される)

第9セメスター(入学48ヶ月目) 5,600,000.00スム(毎年改定される)

※成績不振等で進級できない場合には当該セメスター分の学費の追加が必要です。

※現金での支払いです。

※各銀行にて大学学生に向けた教育ローンを申請する場合には、希望によりJDUが推薦書を発行します。(教育ローンが実行されるかは各銀行の与信判断に依存します)

※ウズベキスタン学費の内の約10%(5,600,000.00スム(毎年改定される))界言語大学の学籍料です。学生がダブルディグリープログラムを希望して承認された場合に必要となります。


②日本就職支援学費:就職後支払制度対象) 合計 202,700,000.00スム(毎年改定される)

支払い方法(受験の時点で、希望により以下②Aもしくは②Bを選択して頂きます)


② A) 就職後支払制度を使用しない場合


◼支払い時期と金額 ※支払総額:202,700,000.00スム(毎年改定される)

入学時第1セメスター(入学時) 22,500,000.00スム

第2セメスター(入学6ヶ月目) 22,500,000.00スム

第3セメスター(入学12ヶ月目) 22,500,000.00スム(毎年改定される)

4セメスター(入学18ヶ月目) 22,500,000.00スム(毎年改定される)

第5セメスター(入学24ヶ月目) 22,500,000.00スム(毎年改定される)

第6セメスター(入学30ヶ月目) 22,500,000.00スム(毎年改定される)

第7セメスター(入学36ヶ月目) 22,500,000.00スム(毎年改定される)

第8セメスター(入学42ヶ月目) 22,500,000.00スム(毎年改定される)

第9セメスター(入学48ヶ月目) 22,500,000.00スム(毎年改定される)

※現金での支払いです。

② B) 就職後支払制度を使用する場合


◼就職後支払制度の概要

以下の2つの契約を両方締結することで、在学中の支払額を最小にする奨学制度です。

1. 初年度学費ローン: 第1と第2セメスター分、合計45,000,000.00スム(毎年改定される)を、金利をJDUが15%負担支援することによるJDU特別低金利(約6%)で提携銀行が貸し出します。

元金の返済は収入発生時点まで繰延できますが、利子だけは提携銀行に毎月支払います。

※ローンが実行されるかは提携銀行の与信判断に依存します。


<初年度学費ローン概要資料>

必要資料については、以下のPDFリンクをご確認ください。

※上記概要資料の必要書類のほかに、JDUから発行される「推薦状」が必要となります。

※具体的な申請については、入学申請後にご案内いたします。

初年度学費ローン概要資料PDF


2. 就職後収入配分( IncomeShareAgreement )契約: 第3〜第9セメスター分、合計157,500,000.00スム(毎年改定される)を将来、働き始めた時点からの収入の一部を返済に充当する契約を締結します。(在学中のコワーク演習科目の収入額の60%、卒業・就職後の収入額の20%を、累計で学費150%に達するまで配当として支払う証券契約)


◼支払い時期と金額:最大292,000,000.00スムまで(毎年改定される)

入学時第1セメスター(入学時) 0 ※金利は提携銀行に毎月支払

第2セメスター(入学6ヶ月目) 0 ※金利は提携銀行に毎月支払

第3セメスター(入学12ヶ月目) 0 ※金利は提携銀行に毎月支払

第4セメスター(入学18ヶ月目) 0 ※金利は提携銀行に毎月支払

⇒ ここからコワーク演習科目開始 ⇒ その収入の一部を返済に充当することを目指します。

第5セメスター(入学24ヶ月目) 0 ※残債の金利を提携銀行に毎月支払

第6セメスター(入学30ヶ月目) 0 ※残債の金利を提携銀行に毎月支払

第7セメスター(入学36ヶ月目) 0 ※残債の金利を提携銀行に毎月支払

第8セメスター(入学42ヶ月目) 0 ※残債の金利を提携銀行に毎月支払

第9セメスター(入学48ヶ月目) 0 ※残債の金利を提携銀行に毎月支払

⇒ さらに残債が残っている場合には、卒業・就職後の収入の一部を返済に充当します。

在学中収入支援(コワーク演習科目)制度


就業スキルやプロジェクト運営スキルを身につけるため、日本から遠隔で発注された仕事を、キャンパスで数人の

チームで取り組み、しかも実際の収入も得ることができる科目として、「コワーク演習科目」を用意しています。

就職後支払制度②B)をご利用の場合には、本収入の60%を返済に充当することができます。

期間は、入学後1年半経過したセメスタ4から卒業前までを予定しています。


 ※活用例)例えば、セメスタ4〜9の3年間でコワーク演習科目で1日4時間程度働いて、成果を出せた学生は、

在学中に全学費の支払を完了することも目指すことができる制度です。

(実質的に学費の負担が無くなることを目指す事ができるチャンスを提供します)

参考:基本契約契約書

入学前に契約内容を確認いただくため、参考として基本契約書のサンプルを掲載します。

実際は、合格者に合格発表後SMSにて、個別に名前・契約ナンバーが入った、基本教育契約書をお送りします。※以下を印刷しても無効になることご注意ください。

基本契約契約書サンプル
フィードバックフォーム
名前:
姓名:
E-mail:
電話番号:
JDUについてどこで聞きましたか?
質問:
(「送信」ボタンを押して頂いた上で、Japan Digital Universityからの連絡を受信の同意していただきますので、ご了承ください。)
Made on
Tilda